鍼灸の効果のある疾患 皮膚科系疾患 円形脱毛症、 突発性難聴、難聴、耳鳴り、中耳炎など

円形脱毛症 多発性脱毛症 脱毛症

 

あまり知られてはいませんが、育毛治療では特に円形脱毛には鍼灸治療は大変効果的です。

 

当院では約20年前からこの疾患について研究を行っております。

現在では不妊症と並んで当院の得意疾患となっています。



下記診療日記に、具体的な症例を写真付きで掲載しています。
↓      ↓
http://www.sanpei89in.com/diary/diary.cgi?no=790(男性)

http://www.sanpei89in.com/diary/diary.cgi?no=842(男性)

http://sanpei89.rakusaba.jp/?p=409(女性)

 

●44歳男性 多発性円形脱毛症の1例

平成23年1月12日より治療開始。

あまり効果がなかった、液体窒素による冷却療法、光線照射、内服薬(セファランチン、ミノファーゲンなど)などすべて患者の自発意思で中止し、週に2~3回の鍼灸治療のみとした。

数回の治療で効果が現れ始め、写真の通りの経過となる。

治癒後、5年間経過観察を行ったが再発はない。

 

 

 

 

●30代女性 汎発性・全頭型の治癒症例

 

 

一般的に、円形脱毛症というとストレスの関与をイメージしやすいですが、患者さんのお話を伺うと、意外にもそのような原因を感じさせない方が多くいらっしゃいます。

病因的にはよくわかっていないケースがほとんどで、毛根を攻撃する過剰な免疫が原因ではないかと言われています。

鍼灸はこの過剰な免疫を穏やかにする(正常にする)働きがあると思われ、当院の不妊症治療などの効果も同じ免疫寛容を根拠にしています。

 

 

 

●ほかアトピー性皮膚炎 とびひ(化膿性膿痂疹)

アトピー性皮膚炎は、特に免疫の異常な亢進で起きますが、皮膚科の治療のほかに鍼灸を行うと非常に良いです。

とびひ(化膿性膿痂疹)は、特にお灸が効果があります。

 

 

 

●難聴・突発性難聴、中耳炎などの治療

突発性難聴も、当院では得意な疾患です。

ただし、発症から一か月以上経過してからの場合などは、治りがたいへん遅い場合があります。

 

●突発性難聴 実際の症例

(オージオメーターでの聴力評価あり)

http://sanpei89.rakusaba.jp/?p=170

http://sanpei89.rakusaba.jp/?p=832

 

耳鳴り、難聴、なども鍼灸は良い効果があります。

 

中耳炎は、なかなか治りにくい滲出性中耳炎なども、日数ががかかりますが改善する方は多いです。

 

当院では、必要があれば簡易式ですがオージオメーターで聴力を測定しながら客観的に鍼灸治療の効果を判定しながら治療を継続していきます。

 

下は退院直後から鍼灸治療を開始した突発性難聴の患者様の聴力の回復状態です。

20日間・7回治療後のものです。

 

図の、赤のボールペンは健全な右耳で、黒が患側の左耳となります。

 

●500Hzの低音
計測不能(70デシベル以上) → 30デシベルへ回復しました

健側の右耳も、さらに聴力が上がっています。

 

●2000ヘルツ
55デシベル → 15デシベルへ改善

 

当院ではほとんどの耳鼻科の関連する疾患には、低出力レーザーを使いながら鍼灸治療の効果を上げていきます。

下記は耳孔にレーザーを照射しているところですが、耳の内部がほんのりと温かくなり、たいへん気持ち良いです。

鍼灸のみ、レーザーのみ、ではなく、それぞれの長所を取り入れると良い効果が得られます。