当院のこだわり 地域一番の鍼灸院を目指して

 

当院は白河市で開業して60年を数える鍼灸治療院です。

 

開業当初から、初代院長・三瓶悌一(故人)が師事した多くの鍼灸師達が、白河市内や県内外で地域医療に貢献しています。

 

二代目院長・三瓶真一は、一般社団法人 福島県鍼灸師会会長として、また不妊症等の鍼灸治療では国内随一の専門団体である一般社団法人JISRAM(日本生殖鍼灸標準化機関)の副会長を務め、日常診療の傍ら、後進の育成に注力しています。

 


 

当院が一番投資しているのは、学会や研修会などの研修費です

当院では、質の高い鍼灸治療を今後も継続して提供できるよう、公益財団法人東洋療法研修試験財団(厚生労働省の出先機関で、鍼灸師の国家試験を実施している団体)の実施する生涯研修を毎年履修し、医学知識や技術を高いレベルで保って行きます。

 

また、所属する福島県鍼灸師会、日本鍼灸師会、全日本鍼灸学会、東北鍼灸学会での研修会や学術発表を今後も継続し、福島県内の地域医療に貢献していきます。

 

県内はもちろんですが、東京、盛岡、仙台、京都、大阪、名古屋、北海道などの学会や研修会に毎月のように参加することは非常に大変なことですが、当院ではここへ一番経費を投入しています。

 

治療費値上げへつながる華美な設備には投資せず、患者さんへ還元できるのが、継続する研修による安全性と効果の提供だと確信しています。

 

当院は、日本鍼灸師会認定・鍼灸臨床研修指導者国民のための鍼灸医療推進機構・卒後臨床研修指導員・指導施設の認定を受けています。

 

認定証2

 

認定証1

 

 

当院の院是

 

一、私は生涯を人類への奉仕に捧げることを誓う

 

二、私は常に患者の健康の回復と保持増進を第一に考える

 

三、私は常に患者の信頼に応えて秘密を遵守する

 

四、私は良心と誠意をもって治療に専念する

 

五、私はたえず鍼灸の学と術について最高の水準を保ち疾病に関する知識を一層深め伝統を守りその伝承に努力する

 

六、私は鍼灸治療の有効性を高めその学術的研究の業績を重ねることによって他の医療分野から信頼と協調を確保し患者の治療に努力する

 

七、私は鍼灸治療の適応を十分認識し無効な治療を行うことなく更に過誤を犯すことのないように努める

 

八、私は常に自己の職責に誇りと責任をもち鍼灸師としての名誉と尊厳をもって鍼灸の発展に努力する

 

九、私は治療にあたって宗教国籍人種政党社会的地位の違いによって患者に果たすべき義務を変えることはしない

 

十、私は流派を越えて相互に鍼灸師を尊重し鍼灸界の団結を高め鍼灸師の資質の向上のために努力する

 

 以上、公益社団法人日本鍼灸師会 倫理綱領をもって当院の院是としました。

 

また、これに加え、患者(さん)の権利を守ることを誓約いたします。(平成29年12月5日)

 

(下記写真は、平成29年11月、佐賀県鍼灸師会で不妊症について実技の講義を行っているものです)