当院のレーザー治療について

当院では、下記の疾患、症状に対して鍼灸治療の補助として低出力レーザーを使用しています。

 

不妊症・妊活治療

・難治性不妊での、卵巣機能改善、子宮機能改善

・特に数回の体外授精などを行っている方

・採卵の成績が良くない方

・排卵障害、黄体機能不全

・卵子の質の改善

・胚移植時に子宮内膜が薄いなど

・卵巣機能不全、高齢不妊(35歳以上)の場合

・多嚢胞性卵巣、月経不順

 

耳鼻科疾患

・難聴、耳鳴り

・特に突発性難聴

・めまい、メニエール病

・慢性的な中耳炎、滲出性中耳炎

 

自律神経・心療内科系疾患

・うつ病、うつ症状

・パニック障害

・早期覚醒、不眠症、

 

口腔外科領域では、顎関節症など

 

ほか、免疫の関わるあらゆる難病など

 

下は耳孔からレーザーを照射しているところです。

透過性の強いレーザーですが、熱さなどはなく、心地よい温かさが鍼では届かない深部へ到達し、血行を改善します。

 

 

 

レーザーの脳内の血行改善の効果

●当院で使用している東京医研製スーパーライザーを、首にある星状神経節へ照射した後の、脳内の血行の改善状況

 

星状神経へ照射

 

照射前(キセノンCT画像)

 

3分間照射後

 

あらゆる部位で血行が改善しています。

慢性の痛みを持続して認知している慢性痛や、ストレスにより血行が悪くなり、脳内活動が低下していると、ストレスが抜けることなくどんどん溜まる一方になります。

そして、不定愁訴などさまざまな症状を引き起こします。

 

当院では、鍼灸とこのようなレーザー治療を組み合わせて行い、さまざまな難病を治療しています。