さかごの治療

妊娠も安定期の中期を過ぎ、30週を迎える頃、産科婦人科の検診時に『さかご・逆子(骨盤位)ですね』といわれる方も多いようです。

 

ほっておけば治る事も多いので、初めのうちはあまり気にとめる方もいらっしゃらないようです。

 

鍼灸治療では逆子の治療は大変効果がよく、治療を希望して来院される方が大変多いようです。
しかし、そのほとんどが35週を過ぎ、出産をまじかに控えた方ばかりです。

 

35週を過ぎると、胎児は出産のために産道に近づこうと降りてきます。

そのためまだ狭い骨盤内にて胎動も少なくなり、逆子が治る確率は非常に悪くなります。

 

自然分娩を求められ、逆子の治療を希望の場合はなるべく早くご来院ください。 

 

 

当院では安全に効果的な治療が出来るように、ドップラー心音計とエコー(超音波)による画像を参考にして行っています。

 

妊娠30週前後よりさかご治療を行いますが、なるべく妊娠週数の早いほうが効果が高いです。